招かれざる犬(後編)

そんな元気で陽気で賢かったこり姐の脚の具合が悪くなったのは2005年の事。
膝蓋骨脱臼が原因であることはすぐわかりました。
「手術すればすぐ良くなる。退院する時には普通に歩ける子もいるよ。」と
地元では有名な病院で言われ、こり姐は2005年9月に手術を受ける事になりました。

結局、手術は巧く行かず普通には歩けなくなったこり姐。
歩けるようになると信じていた私は、もう1人の養子を迎えてしまっていました。
しのぶが我が家に来たのは10月4日のことです。

不思議な事に歩けなくなってから、こり姐は車に酔わなくなりました。
元気な頃は20分も車に乗っていると吐いたものです・・・。
今となっては懐かしい思い出ですね(~_~;)。
以来、しのこり家は車で遠出出来るようになりました。
こり姐とも色々なところへ行きました。
車と人間を自分の「アシ」にすることにしたのかもしれません。

手術失敗に続く こり姐の危機!は昨年の10月の事。
「食道にフードが詰まって死にかけた事件」です。

この時は流石に「今年(2007年)のクリスマスは一緒に迎えられないかも・・・」と
悲観的になりました。

多少は不自由な体になってしまいましたが、こり姐は今日も元気に暮らしています。

そんな今のこり姐が私は大好きで、しのぶと共に欠く事の出来ない
存在になっています。

だからせめて「他の家に行くよりはまあマシだったかな。」と、こり姐に思って
もらえるようにこれからも頑張って行きたいと思います。

今年も無事に娘たちとクリスマスを迎える事ができました。

e0121589_22394777.jpg
←アザラシみたい・・・。

来年も再来年も一緒にね!

e0121589_22411095.jpg

みなさま良いクリスマスを!


 
[PR]
Commented by マスカー at 2008-12-24 08:22 x
そう、頑張るのよ!過呼吸をおこす程にw
昔のこりは本当に元気だったよね、お散歩も大好きで・・・。
うちの子が病んでいたので、羨ましく思ったものです。
今年はみんな元気にクリスマスが迎えられてよかったです。
こりアザラシに似すぎw
では良いクリスマスを!

Commented by がっぱめ母 at 2008-12-24 15:29 x
こり姐ちゃん・・・かぴばらさん家の子で最高に幸せですよ☆☆

こり姐ちゃんも、しのぶちゃんも、クリスマスの雰囲気バッチリ♪
これからも、ず~っとず~っと、幸せな姉妹であります様に☆

メリーXmas♪(^o^)/
Commented at 2008-12-25 04:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinocori at 2008-12-26 01:30
☆マスカーさま
こり姐は元気な頃と比べると幾分怠けている気すらしますが
彼女なりに頑張っているのかもしれません・・・。
あの頃は本当に元気でしたね~(T_T)
そして、確かにアザラシに似すぎですね(笑)
なんという生き物なんでしょうね??
こりはポメではなく「こり」という生物なのかもしれません。

☆がっぱめ母さま
こり姐にそう思ってもらえたら本当に嬉しいのですが。
彼女は私の家に来る前に、私の実家でもしばらく預かっていた事があり
あちこち盥回しにされて我が家に来た子です。
体も欠陥だらけですが、元気で長生きしてもらいたいです。
by shinocori | 2008-12-24 00:01 | 今日のしのこり | Comments(4)

ジャックラッセルテリア しのぶ& ポメラニアン ソフィアの日常生活
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30